絵本『ニジェール物語』を全国51の図書館に寄贈しました。

2017年1月から、絵本『ニジェール物語』寄贈のお申込み受付を行っており、51校の学校図書館や公立図書館から

お申し込みをいただきました。ありがとうございました。

当初50校の予定で募集しておりましたので、4月末の51校のお申込みをもって、一旦は締め切らせていただきます。

寄贈させていただいた図書館からは、たくさんの感想や、展示の様子を写真に撮って送っていただき、

とても感謝しています。

送っていただいた感想は、ブログでご紹介していますので、ご覧いただければ幸いです。

絵本『ニジェール物語』を全国の学校図書館へ寄贈いたします。

この絵本の中には、見たことも聞いたこともないような不思議な世界が広がって

います。一人でも多くの子どもたちに、ぜひ、遠い遠い砂漠の国ニジェールを、

想像という船にのって旅してほしいと思っています。

絵本の朗読を聞いた小学生の感想です。

 

絵本『ニジェール物語』の寄贈お申込みについて

■寄贈本: 絵本『ニジェール物語』ハードカバー・カラー40ページ

文:フクダヒデコ 絵:イヌイマサノリ 出版:ニジェール物語製作委員会・象の森書房

■寄贈先:学校図書館(小・中・高校・大学・特別支援学校)・公共図書館

■寄贈数:お申込み先着50校様 ※50校になり次第締め切らせていただきます。

※寄贈は一校一冊に限らせていただきますが、

ご希望の場合は書店(&インターネット書店)でもご購入いただけます。

■お申込み方法:Eメールにてお申込みください。

 宛先=ニジェール物語製作委員会 nigerstory2016@gmail.com

■お申込み時に以下を記載してください。

①学校名(または図書館名)

②絵本送付先のご住所・電話番号

③ご担当者様のお名前とご連絡先Email

 

※ニジェール物語製作委員会について

西アフリカのニジェールで生まれた創作寓話集『ニジェール物語』を通して、ニジェールの子どもたちはもちろん、

日本の、世界中の子どもたちの想像力を豊かに育む一助となればと、活動しています。

この活動の一環として、絵本を全国の学校図書館へ寄贈させていただくことにしました。

今後は、絵本の多言語化や、朗読、動画制作等に着手予定です。

 

 

絵本『ニジェール物語』ご購入のご案内

サハラ砂漠の真ん中にあるキャンプで2年間を過ごした 唯一の日本人女性

フクダヒデコ氏と ボローニャ国際絵本原画展入選作家イヌイマサノリ氏が

創り上げた珠玉の絵本『ニジェール物語』。

小さなお子さんへの読み聞かせ絵本として、大人の心をそっと癒してくれる物語として、

たくさんの皆さんから、うれしい感想をいただいています。

このサイトのブログページでご紹介していますので、ぜひご一読ください。

 

なお、残念ながら、現段階では日本全国どの書店でもご購入いただけるというわけではありません。

ご希望の皆さま全員に手にとっていただけるよう、ファックスまたはネットでのご購入方法をご紹介いたします。

 

 

 ←絵本『ニジェール物語』 文:フクダヒデコ 絵:イヌイマサノリ

1冊:40ページ(カラー)ハードカバー 1944円(税込)

 

 

■象の森書房へ直接、ファックスでお申し込みください。

送料無料でお届けします。

ファクス:06-6131-5780

 

■ネットショッピングをご利用ください。以下の青字の部分をクリックしていただくと、注文ページに飛びます。

Amaon(本)『ニジェール物語』

 

セブンネット(本)『ニジェール物語』

 

e-hon 『ニジェール物語』    

 

絵本ナビ『ニジェール物語』

 

※ご質問またはお気づきの点がございましたらニジェール物語製作委員会 nigerstory2016@gmail.com へご連絡ください。

 

絵本『ニジェール物語』、8月1日に発売開始。

いよいよ、皆さまのお手元にお届けできることになりました。

絵本ができ上がるまで、たくさんの応援をいただき、ありがとうございました。

心より、お礼を申し上げます。

サハラ砂漠の真ん中にあるキャンプで2年間を過ごした 唯一の日本人女性

フクダヒデコ氏と ボローニャ国際絵本原画展入選作家イヌイマサノリ氏が

創り上げた珠玉の絵本です。

ぜひ手にとっていただき、遠い遠い砂漠の国ニジェールを、

想像の舟に乗って旅していただけたらと思っています。

 

★ご購入方法は、以下の通りです★

 

絵本『ニジェール物語』

文:フクダヒデコ 絵:イヌイマサノリ

1冊:40ページ(カラー)ハードカバー 1944円(税込)

 

■象の森書房へ直接、メールまたはファックスでお申し込みください。

送料無料でお届けします。

zonomori@shinla.co.jp   ファクス:06-6131-5780

 

 

■ネットショッピングをご利用ください。

 セブンネット http://7net.omni7.jp/detail/1106687818

 e-hon     http://www.e-hon.ne.jp/bec/SA/Detail…

 

■書店でご注文ください。まだ店頭には並んでいませんので、ご注文いただけるとありがたいです。

 

■ニジェール物語製作委員会へご連絡ください。nigerstory2016@gmail.com

 

 

【予告】絵本「ニジェール物語」、気鋭のアーティストを迎え2016年7月出版予定!

 

『ニジェール物語』はサハラ砂漠の真ん中にある国から届いた物語。

日本から遠く離れた西アフリカに、海のないニジェールという内陸国があります。

このニジェールに7年間暮らした数少ない日本人、フクダヒデコさんが砂漠の民に聞いたお話をもとに 創作されたのが『ニジェール物語』です。 サハラ砂漠にいきる不思議なものたちの声が、 心にしみわたる珠玉の寓話集です。 砂漠の国ではぐくまれた物語には、心で見ることの豊かさがいっぱい詰まっています。

 

この物語を、日本はもちろん世界中の子どもたちから大人にまで

愛される物語にしたいという目標を実現するため、まずは、上質で夢のある絵本を創ることになりました。創作ににあたっては、2人の気鋭のアーティストにご協力いただくことになりました。

 

 

 

挿絵を担当するのは、新進気鋭のイラストレーター、イヌイマサノリ氏。「イタリア・ボローニャ国際絵本原画展2015」の入賞作家です。

◆イヌイマサノリ氏プロフィール◆

 1983年兵庫県姫路市生まれ。金沢美術工芸大学 美術科 油画専攻卒。5年間美術教師として中学校、高校に勤務後、

2012年よりイラストレーターとして独立。アクリル絵具を中心に制作しており、異国を思わせる温かみにある世界感が特徴。

【賞歴】

第181回チョイス展・準優勝(大橋歩さん選)、第13回ノート展・審査員賞(山田賞)

international illustration competion2012入賞、

EAST-WEST ART AWARD2012平面の部準グランプリ、ワンダーシート2013入賞

ボローニャ国際絵本原画展2015入賞 他

 

 

ジェール物語」のタイトルロゴと装丁を担当していただくのは、日本を代表するアートディレクター松井桂三氏です。

日本語と英語とフランス語。多言語での展開を想定に、まずは3つの言語で素敵なロゴができ上がりました。

原作者のフクダヒデコさんも、「不思議に砂漠の夜のイメージが広がります」と、とても共感されています。

松井氏は、絵本の装丁も担当してくださいます。

 

 

 

◆松井桂三氏プロフィール◆

グラフィックデザイナー、アーティスト。 大阪芸術大学短期大学部 教授。

アップル社のバッケージデザインシステム基本デザイン構築に携わる。政府広報(各省庁統一)シンボルマーク制作。

ロート製薬『肌研ハダラボ』の企画、ロゴマーク、パッケージ群は空前のヒット商品に。

2014年国立エルミタージュ美術館(ロシア)250周年記念ポスター4点シリーズを依頼され制作。

国内外で受賞歴多数。世界各地の美術館(ハンブルグ他)で個展、300点が各地巡回中。

多くの作品は海外の美術館で永久保存。世界各地でデザイン展の国際審査員や講演を行う。

Panasonic NPOサポートファンドforアフリカ2016助成事業       「ニジェール物語の世界展」

7つのお話からなる『ニジェール物語』をテーマに、16名の作家の皆さんが絵を描いてくださいました。

砂漠の物語にインスパイアされた作家が、とても幻想的で創造的な世界を展開してくださっています。

これらの作品を一堂に集めて、

201510月に大阪で、2016319日~21日に東京銀座で、2016年10月8日~10日に茨城県守谷市で、

「ニジェール物語の世界展」を開催いたしました。

 

また、物語7話の朗読に砂漠をイメージさせる音を合わせた作品を創り、

ニジェール物語の世界感を耳で体験いただける環境をつくりました。

ギャラリーという空間で、想像力あふれる絵に囲まれて、物語の朗読を静かに聴く。

それは、とっても至福の時間でした。

ご来場いただいた方々を、サハラ砂漠の真ん中へご案内できたのではないかと思っています。

「パナソニックでは(中略)ニジェールの新たな一面を紹介する『ニジェール物語の世界展』という展示会を通じて、

美しいニジェールの姿をアーティスティックにご紹介する事業をサポートしています。」

と、「Panasonic NPOサポート ファンド for アフリカ」のWebサイトでご紹介いただきました。

サポートしていただいたおかげで、展覧会を3回も開催できました。

そして、絵本製作へと活動を進めていくことができました。ありがとうございました。

『ニジェール物語』の絵本を出版したい!!この想いに、たくさんのご支援をいただきました。ありがとうございました。

ニジェール物語製作委員会は、

2015年12月24日から2016年2月22日までの2か月間、READYFORというサイトで、

クラウドファンディングに挑戦しました。

クラウドファンディングとは、活動内容の記事をネット上に掲載し、

それを読んで共感してくれた方から支援を集めて資金調達を行う仕組みです。

 

そして22日の夜、無事に、目標としていた印刷代相当のご支援額を達成

することができました。

みなさまのご支援により、大きな力と勇気をいただくことができました。

心より感謝したします。ありがとうございました。

 

サハラ砂漠で生まれた『ニジェール物語』の絵本を出版したい!

 

 ※画像は絵本のイメージです。

『ニジェール物語』は、サハラ砂漠に伝わる不思議な物語。

『ニジェール物語』の世界を伝えるために創った映像です。物語のはじまりの部分をご紹介しています。

サハラ砂漠の遊牧民に長く伝わってきたお話をもとに創作した7つの寓話集『ニジェール物語』。

砂漠の国ではぐくまれた物語には、透き通るような孤独と、何も持たないことの潔さと、心で見ることの豊かさが、

いっぱい詰まっています。

 

ニジェール物語製作委員会は「この魅力的な物語を世界中で愛される作品にする」という夢の実現をめざしています。

そのために絵本製作をはじめ、いろいろな形でご紹介する活動をしていきたいと思っています。

稲妻の精「フージーくん」が、活動をご案内していきます!

「フージーくん」は、砂漠に落ちた稲妻の精です。

サハラ砂漠には、落雷で砂が固まって、一瞬のうちに石になる「フージライト」という石があります。

この石のから生まれた妖精が「フージーくん」なのです。

でも、砂漠には何もありません。なので、雷は仕方なく、平地である砂漠の砂に落ちます。

たまりにたまった落雷の威力は平均6億ボルトもあるそうです。

この威力に、石英質の砂は瞬時に溶けて溶けた砂は落雷の通った穴を残して固まるので

まるで管のような石になるそうです。

これが、フージライト。日本語で、雷管石と呼ばれています。

『ニジェール物語』にもフージライトをテーマにした素敵な物語があるんですよ。

皆さま、「フージーくん」を、どうそよろしくお願いいたします。